レディ

顔が大きい原因は様々

小顔にする整形はヒアルロン酸や脂肪溶解注射などがあり、切開して骨削りなどをする場合もあります。ダウンタイムは整形によって違ってくるのでアフターケアのしっかりしているクリニック選びが大切です。その間は外出を控え休養を取ることも必要です。

女の人

整形費用と切らない施術

小顔整形の費用は施術方法によって差があります。安価で切らずに行えるのはボトックスや脂肪溶解の注射ですが複数回の施術が必要です。骨を削る切開手術は1度で生まれ変われますが高価で術後の負担も大きいので、自分に合った施術方法を選びましょう。

看護師

シャープなVラインが完成

引き締まったフェイスラインを手に入れることのできる小顔整形治療ではまずカウンセリングや診察を行い、必要な検査や麻酔をした上で治療にすすんでいきます。小顔注射は費用や施術時間、ダウンタイムも少ないので幅広い世代に人気があります。

顔のコンプレックス解消法

カウンセリング

整形手術における注意点

小顔というのは、美人の条件の一つとして数えられることもある、女性にとって重要なポイントの一つです。しかし、世の中には顔が大きい、エラが張っている、脂肪がついているなど顔に関するコンプレックスを持っている女性もたくさんいます。そのような女性のためにおすすめなのが、小顔整形です。小顔整形には様々な方法がありますが、自分に合った方法を選ぶことで、顔に関するコンプレックスを短時間で確実に解消させることが出来ます。例えば近年人気なのは、切らない整形、フェイスラインの施術を行っているクリニックです。メスを使わないため、体への負担が少なく、術後の腫れの引きも早いことから、ほとんどの人が切らない施術を希望します。例えば、頬の余分な脂肪をアゴに再注入するという施術があります。頬の脂肪が落ち、逆にアゴが少し伸びてシャープになるので、綺麗な小顔になることが出来ます。メスを使わず注射で施術を行うので、痛みもなく簡単で人気の手術です。他にも、糸を使った切らないフェイスリフトなども、人気の手術の一つです。小顔整形を受ける際には、まずはどのような施術を得意としているか、クリニックのホームページなどを見て確認すると良いでしょう。また、医師の腕や口コミも重要な情報の一つですので、実際にそのクリニックで施術を受けた人の症例写真や体験談があれば、チェックしましょう。信頼できる医師、クリニック選びを行うことで、治療後の満足度も変わってきます。それに加え、予算を決めておき、予算内に収まるように施術を選択するというのも重要事項の一つです。頬のエラ張りによって顔が四角く見える、小顔に見えないなどのコンプレックスを持っている場合は、ボトックス治療やエラ削りの小顔整形が有効です。二つの違いは、エラが張っている原因にあります。まず、ボトックス治療が適用されるのは、頬のエラが、咬筋の異常発達が原因の場合です。噛みしめや歯ぎしりのクセがある人は、咬筋という筋肉に必要以上の力がかかり、それが発達することでエラが張ります。ボトックスを咬筋部分に注入すると、筋肉弛緩の作用が働いて、咬筋に力が入りづらくなります。その状態が維持されることで、自然とエラが消えていくという仕組みになります。効果は半年程度持続し、効果が切れたら再施術を行う必要があります。反対にエラ削りの治療が適用されるのは、頬のエラが生まれつきの骨格の都合で張ってしまっている場合です。その場合は、ボトックスを使用しても意味がないので、直接骨を削る手術を行います。ボトックスに比べて費用もかかり、大掛かりな手術になってしまいますが、一度手術を行えば効果を永久に維持出来るというメリットがあります。また、希望通りの顔の大きさに限りなく近づけることも可能です。手術は麻酔をかけて行い、特殊な器具を使って骨を少しずつ削ります。術後は、1週間程度安静にする必要があります。痛みや腫れが出ることもありますが、時間が経つにつれて落ち着いてきますので、ダウンタイムはとにかく安静に過ごすことが必要です。頬のエラ張りをなくしたい、という場合は、まずはカウンセリングで自分はどのような原因でエラ張りが起こっているのかを知りましょう。