シャープなVラインが完成|コンプレックス解消!小顔整形に頼ろう【短時間で確実に解消させる】

シャープなVラインが完成

看護師

顔を引き締める効果

小顔整形治療には顔の脂肪吸引やエラの骨削り、小顔注射などがあり、医師と充分なカウンセリングをした上で適した施術方法を決めていきます。プチ整形として人気の高い小顔注射はまず問診票に現在の健康状態やアレルギーの有無など、治療に必要な情報を記入します。それを元にカウンセリングや医師による診察が行われ施術にすすんでいきます。施術の前に注射針による痛みを軽減させるために、麻酔クリームなどの局所麻酔を行う場合もあります。施術時間は10〜15分ほどで終わり、ダウンタイムもないのですぐに帰宅することができます。加齢によるたるみや二重あごが解消できる顔の脂肪吸引は、カウンセリングで脂肪を取る量などを医師と相談して決めていきます。当日はメイクオフと洗顔をして清潔な肌の状態にしてから脂肪吸引を行います。局所麻酔をするので痛みを感じることもなく、施術も20分程度で終わります。施術後は包帯やテープなどで圧迫固定し、しばらく休んでから帰宅します。顔の輪郭を形成するエラの骨削りは大掛かりな手術となるため、カウンセリング当日には治療は行われません。血液検査やCT検査、レントゲン撮影など入念な術前検査を行い、後日手術が行われます。手術当日は再度カウンセリングを行い、仕上がりのイメージを確認します。エラの骨削り手術は麻酔専門の医師による全身麻酔下で手術が行われます。口腔内を切開してエラの骨を削るため、施術時間は2〜3時間ほどかかります。術後は腫れを予防するために圧迫固定し、1〜3日入院治療を行うクリニックもあります。美容クリニックで行われている小顔治療はダイエットでは落としにくい顔の脂肪を取ったり、エラの張りを抑えたりすることで引き締まったフェイスラインを手に入れることができます。最近では注射するだけの切らないプチ整形も選択肢が多くあり、短時間で手軽に行えるため幅広い世代の方に人気があります。脂肪分解作用のある小顔注射やエラの張りを小さくするボトックス注射などは、カウンセリングから治療まで一日で終わらせることも可能です。脂肪を溶かす効果のある小顔注射は頬やフェイスラインなど気になる部分に注射を打つことで、脂肪や老廃物の排出を促し、顔を細くすることができます。腫れや痛みもほとんどなく、メイクで隠せる程度なので、周囲の人にばれる心配もありません。ボトックス注射は咬筋という筋肉に注射することで、筋肉の働きを抑えてエラの張りを目立たなくさせる効果があります。拘束時間やお金がかかるエラの骨削り手術よりも費用がかからず、ダウンタイムも短いので手軽に受けることができます。また、フェイスラインを整えるために顎に脂肪を注入するという方法もあります。横から見た時に鼻と顎と唇が同じライン上にあると、顔全体が引き締まって見えるので小顔効果が期待できます。自分の体から採取した脂肪を使うので、副作用やアレルギーを起こす心配もありません。頬骨の下部分がこけている場合は頬に脂肪を注入することでフェイスラインを整えることができます。輪郭形成の施術では脂肪のほかにプロテーゼやヒアルロン酸を使用するケースもあります。