顔が大きい原因は様々

レディ

整形で理想の顔をつくる

人は年齢を重ねると顔が大きくなってくるという現象が起きます。顔が大きく見えるのは皮膚のたるみや脂肪がついたせいなのです。加齢によるたるみやシワはフェイシャルエステなどでは解消できないこともあります。しかし美容整形クリニックなら様々な施術方法があり、理想の小顔を手に入れることができます。顔のたるみやシワはヒアルロン酸注射やボトックス注射、脂肪注入などで改善することができます。そのほかに顔のたるみをとるには糸を挿入する整形方法もあります。糸を挿入して皮膚を引き上げることでたるみやシワをなくすことができます。また糸の周りの皮膚組織が活性化して若々しい肌を取り戻すことができるのです。糸の種類は様々なタイプがあり、ポリエステルや溶ける素材でできたものやさらには金の糸を使う場合もあります。また頬の余分な脂肪や二重アゴは脂肪吸引や脂肪溶解注射などを行うことでフェイスラインをすっきりさせることができます。逆に額や頬の脂肪が薄いために顔の輪郭が強調され大きく見えることもあります。その場合はヒアルロン酸注射や脂肪注入をして顔の形を整えることで小顔に見せる効果があります。アゴの筋肉が発達したエラも顔が大きく見える原因となり、この場合ボトックス注射で筋肉の働きを弱めることができます。骨格が原因でエラになっている場合は骨削りや骨切りの手術を行います。これは大がかりな手術となりますが、再治療の必要なボトックス注射と比べて術後の効果は半永久的に続きます。ボトックスは自然に体内に吸収されてしまうので効果はおよそ数か月程度です。小顔整形をした後の腫れや内出血などのダウンタイムはそれぞれ施術方法によって変わってきます。ヒアルロン酸やボトックス注射は術後に軽い腫れや皮下出血などが出る場合もあります。これは個人差がありますが、2〜3日程度で治まり痛みの心配もありません。脂肪溶解注射も同じようにダウンタイムはほとんどなく、皮膚の中で溶けた脂肪は数日で体外に排出されてしまいます。脂肪吸引の場合は傷口がいえるまで1週間程度必要となります。リフトアップでたるんだ皮膚を切除したり糸を埋め込んだりする手術はダウンタイムが1〜2週間程度かかります。痛みが残る場合はクリニックで痛み止めなどを処方してもらうこともできます。エラの骨切りや骨削りの場合は通常2時間程度の手術となるのでダウンタイムも長く入院が必要となります。しかしトイレなどは自由に行けますし、痛み止めを処方されているのでそれほど傷口が痛むということはありません。また最近の整形技術は発達しているので傷口もほとんど目立つ心配もありません。この場合のダウンタイムは通常の整形よりも長く2〜3週間程度必要となります。これらのダウンタイムはあくまで目安で体質によって早まったり、場合によっては長くなったりすることもあります。そのため小顔整形をする場合はアフターケアのしっかりしているクリニックを選べば安心できます。ダウンタイムの期間はできるだけ外出を控え、家で休養を取ることが大事です。無理な運動などをすると傷口が開いたり内出血が広がったりする可能性もあるからです。また患部は傷口が治るまでできるだけ触らないようにすることも大事です。